シャープなボディラインと車高の低さがスポーティなクーペの魅力

犬12

 

 

車には、たくさんの形があります。その形のパターンによって、何種類かに分類することができます。たとえばボンネットとキャビンとトランクとで構成されている、最もオーソドックスな乗用車の形をしているセダン、キャビンが広く、後方まで伸びているミニバンやステーションワゴンなどです。その他、全体が箱型になっているワンボックスカーや、ルーフのないオープンカーなどもあります。
これらの形のパターンの中で、最もボディラインがシャープなものが、クーペです。全体的に車高が低く、ボンネットから車の後部にかけて、流れるような美しい曲線になっているところが特徴です。
平たくてコンパクトにまとめられているので、シートはやや小さく、ドアも2ドアタイプのものが多いです。スリムで無駄のないボディなので、走行は非常にスムーズです。空気抵抗があまりないため、スピーディな加速が可能ですし、かなりの高速を出すことが可能です。
このスポーティな見た目と走行には、非常に高い人気があります。特に若者からの人気が高いですが、若い頃から憧れ続けていて、金銭的な余裕のできるシルバー世代になってからその夢を実現させ、乗り回しているという人も多くいます。